AX オフのリフレッシュ

◆平成24年度 地方労働行政運営方針|平成24年5月

厚生労働省から発表された平成24年度の「労働基準行政の運営方針」

労務管理で注意すべき事項は?

厚生労働省が「平成24年度 地方労働行政運営方針について」を発表しました。
各都道府県の労働局では、この運営方針を踏まえつつ行政運営を図ることとしていますので、企業の労務担当者が気にしておくべき内容が盛り込まれています。

運営方針の内容

発表された運営方針の項目は下記の通りです。なお、地方労働行政の展開にあたっての基本的対応は、「地方公共団体、労使団体等との連携を図るとともに、地域の実態把握、コスト削減等を通じた計画的かつ効率的な行政運営を推進する」とされています。

  • (1)東日本大震災からの復旧・復興支援および円高への対応
  • (2)総合労働行政機関として推進する重点施策
  • (3)労働基準行政の重点施策
  • (4)職業安定行政の重点施策
  • (5)職業能力開発行政の重点施策
  • (6)雇用均等行政の重点施策
  • (7)労働保険適用徴収業務の重点施策
  • (8)個別労働関係紛争の解決の促進

労働基準行政としての重点施策

企業の労務担当者が最も気になるところである「(3)労働基準行政の重点施策」の項目には、次のことが挙げられています。

・「労働条件の確保・改善対策」…長時間労働の抑制や賃金不払残業の防止のための監督指導等の法定労働条件の確保、外国人労働者等の特定労働分野における労働条件の確保対策等を推進する。

・「最低賃金制度の適切な運営」…最低賃金の周知徹底を図るとともに、最低賃金引上げに向けた中小企業への支援を行う。

・「適正な労働条件の整備」…長時間労働の抑制および年次有給休暇の取得促進等を推進する。

・「労働者の安全と健康確保対策の推進」…労働災害防止対策を安全衛生対策の最重点課題とし、労働災害多発分野における対策、メンタルヘルス対策および過重労働による健康障害防止対策、石綿健康障害防止対策を推進する。

・「労災補償対策の推進」…労災保険の迅速・適正な処理、精神障害等事案および脳・心臓疾患事案に係る適正な処理を行う。